データ詳細
オリジナル ゼロ戦型 引脚サーボコントローラー(V3)

オリジナル ゼロ戦型 引脚サーボコントローラー(V3)を紹介します。ご存知のようにゼロ戦の引脚は左右同時ではなく片側ずつ引き込みますが本装置はそのリアルな動作を実現しました。サーボスピードももちろん遅くしています。なお引き込み脚専用のサーボには使用できませんのでご注意ください。

使い方
引脚1個に対してサーボ1個をセットして左右のサーボ2個を本装置を通して受信機に接続します。

動作
使用するプロポメーカーにより多少異なりますがサーボスピードがサーボそのもののスピードには関係なく端から端まで3.5秒ぐらいになります。2番目のサーボは1番目のサーボが動き出してから約3秒後に1番目のサーボを追いかけるように動作をします。トルクの減少も有りません。


●サーボスピードの変更
本商品V2はサーボスピードを2パターン備え変更可能といたしました。


設定方法
写真2のとおり上側のチャンネルにクランププラグ(JRバインドプラグ等をご利用ください別売り品)を接続して電源がつながれ尚且つ信号の出ていない受信機に約1秒以上接続します。
(出荷時はロースピードですがこの設定をするたびにロー、ハイが入れ替わります。)

こちらの動画をご覧下さい(ロースピード)


仕様 
2サーボ出力 1と2の時間差 約3秒
ロースピード:60°約1.5〜2秒 
ハイスピード:60°約0.7〜1秒(プロポ仕様に依存する)

電源電圧4.5〜6.5V (ニッカド、ニッケル水素、乾電池 それぞれ4セルまで)
リード線 JRタイプコネクタ付 
重量 2.7g
クランププラグは別売り


リンケージ
リンケージに際しては本装置の動作角が往復で120°しかありませんのでプロポでサーボの動作角を出来る限り広く180°に近くして停止時のサーボにかかるトルクを軽減してお使いください。

ご注意



Copyright © 2008 Hobby Shop Alpha All Rights Reserved